鈴木さん速報

スロットとパチンコの2chまとめブログです。パチンコ・スロットの実践報告、解析、新台の評価情報などをまとめて紹介しています。

    スロット・パチンコの2chまとめなら鈴木さん速報!

    2017年02月

    働きたくない働きたくない働きたくない働きたくない働きたくない働きたくない働きたくないのまとめ

    働きたくない
    1: 名無しさん@ドル箱いっぱい (ワッチョイWW b12b-KDuK) 2017/02/27(月) 01:32:56.84 ID:Z50ve+k60
    毎日パチンコしてたい
    借金あるけど働きたくない
    コキ使われたくない
    毎日同じ時間に起きるとかバカらしい
    たった四万稼ぐだけでしんどいけどパチンコなら万発だせばok
    詰んだら刑務所に入ればいいんだろ?

    【働きたくない、働きたく…ナイッ!!】の続きを読む

    ST残り僅かで現れた緑保留への期待感は異常のまとめ

    パチンコとスロットまとめ
    1: 名無しさん@ドル箱いっぱい (ワッチョイW 4165-N7+2) 2017/02/27(月) 00:12:52.88 ID:/Ek2TnZj0
    まるで子供の頃の俺たちに親が感じていた期待のよう。
    尚、両者とも虚しく裏切られる模様

    【ST終盤に出てきた緑保留への期待感は異常】の続きを読む

    パチンコ辞めれたわのまとめ

    パチンコとスロットまとめ
    1: 名無しさん@ドル箱いっぱい (JPW 0H75-N7+2) 2017/02/27(月) 12:05:33.18 ID:omMI52hmH
    ここに来るんも1ヶ月振りくらいやで
    週6フルタイムで働いてPS4買ってアーケードの音ゲーにも手を出したら金があっても時間がもったいなくてパチンコなんかいってられへんわ
    自然に辞めれたしお前らももっと働いてみ?
    金たまるしオススメやで!

    【【朗報】パチンコ辞めれたわw】の続きを読む

    厚労省が名案「パチンコ屋の入口で入場料を取ろう。ギャンブル依存症対策費として」のまとめ

    パチンコ屋で入場料とマイナンバー
    ギャンブル依存症対策として、入場料の徴収とマイナンバーを導入してみてはどうだろうという動きがあると話題になっておりました(´・ω・`)

    1: エメラルドフロウジョン(北海道)@\(^o^)/[ニダ] 2017/02/27(月) 17:16:41.14 ID:c8iDI9b/0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    ◆依存症対策の実施コストでパチンコ業界の体力が奪われる

     ここで真っ先に注目されるのは、公営より民間事業体のパチンコの方だろう。

     何しろ536万人というギャンブル依存者(2014年8月厚生労働省発表)を生み出す最大の源泉と見られている業界である(筆者はこの数字には疑義を呈しているが)。

    まずは、パチンコ業界が上に挙げた三段階それぞれにおいて適切な処置を施したのち、その実績を監督官庁である警察庁や世間から求められる。
    仮にパチンコ業界の取り組みが功を奏せば「民間でこれだけの対策が出来たのだから、公営ギャンブルの対策はしっかりしたものが出来る」という信頼を生み出すことにも貢献するだろう。

     しかし実際のところ、パチンコ業界が依存対策において、具体的な成果を挙げるためには相応のコストを覚悟する必要がある。

    ◆入り口対策と保険適用外で莫大な費用が予想される

     例えば入り口対策。

     入場規制者を識別するための機械や射幸性の更なる規制の導入といった莫大な設備投資が・・・

    ソースの続きはこちら
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170224/Harbor_business_129697.html?_p=2

    【【悲報】パチンコ屋さんに入場料制度の動き】の続きを読む

    パチンコは何でしょっちゅう3倍ハマりをするの?のまとめ

    パチンコの当たる確率
    1: 名無しさん@ドル箱いっぱい (アークセー Sx75-q1Ym) 2017/02/26(日) 09:51:31.85 ID:U8PjlHxux
    大当たり確率の3倍の回転数を回しても当たらないということが多々ある
    3倍ハマる確率は5%程度
    シマがあったら1台程度しかないはず
    しかしどうして、自分と両隣がはまっているというのはよくありすぎる光景だ

    【パチンコはどうして度々3倍ハマりするのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ