鈴木さん速報

スロットとパチンコの2chまとめブログです。パチンコ・スロットの実践報告、解析、新台の評価情報などをまとめて紹介しています。

    スロット・パチンコの2chまとめなら鈴木さん速報!

    ためになる話

    パチンコとパチスロの画像
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/22(金) 18:23:54.292 ID:qJJ0v6Zfd
    そういうこと少しずつやっていきたい

    【土日にやったら「行動力あるな!」ってなること教えて?】の続きを読む

    パチンコとパチスロの画像
    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [SE] 2019/02/19(火) 10:27:12.27 ID:6gLgStgO0 BE:155743237-PLT(12000)

    (中略)
    平成で進んだ「趣味離れ」、遊ばなくなった日本人

    とはいえ、ランキング全体に関して言えば、20年間で
    いちばんはっきりとわかる変化は、生活者の「趣味離れ」です。

    4時点以上で継続的に聴取している50項目の趣味・スポーツのうち、
    2018年にスコアが過去最低を更新したものは、なんと29項目。
    全体の6割にも及びます。

    趣味やスポーツに関する別の設問をみても、

    ●「1年を通じて、楽しんでいる趣味がある」
    1998年60.2%→2018年49.1%(-11.1ポイント、過去最低)

    ●「1年を通じて、何かスポーツをしている」
    1998年33.3%→2018年24.5%(-8.8ポイント、過去最低)
    ●「スポーツのグループ・サークル・団体に参加している」
    1992年24.0%→2018年15.1%(-8.9ポイント、過去最低)
    ●「趣味のグループ・サークル・団体に参加している」
    1992年23.6%→2018年14.7%(-8.9ポイント、過去最低)
     と、いずれも20年間でジリジリと下げ、直近に最低のスコアをつけています。

    「趣味離れ」の背景にはさまざまな要因があるのでしょうが、
    影響が大きそうなものを挙げるとすればやはり「お金」の問題があるでしょう。

    総務省「家計調査」によれば、20年ほど前、1997年の可処分所得は49万7000円なのに対して、直近2017年では43万5000円と、87%程度の水準に。
    趣味を続けたり、掘り下げていこうとすれば、どうしてもある程度お金がかかるもの。
    団体やサークルに入れば月謝などもかかってくるでしょう。
    昨今のフトコロ事情の厳しさが、趣味を持ちにくい・続けにくい状況を作り出している可能性は高そうです。 (以下略)

    引用元記事
    https://toyokeizai.net/articles/-/265582

    【無趣味で貧しい日本人が増加傾向にあるらしい】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング