鈴木さん速報

スロットとパチンコの2chまとめブログです。パチンコ・スロットの実践報告、解析、新台の評価情報などをまとめて紹介しています。

    スロット・パチンコの2chまとめなら鈴木さん速報!

    社会

    ギャンブル依存症
    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/[KR] 2017/09/29(金) 18:37:15.35 ID:NczEEMyl0 BE:592048191-PLT(13345) ポイント特典
     政府は29日、ギャンブル依存症の実態把握のため成人1万人を対象とした2017年度の面接調査の中間結果を公表した。有効回答は4685人で、これまでの生涯で依存症経験が疑われる人は3・6%と推計。国勢調査のデータから計算すると約320万人に上る。
    統合型リゾート施設(IR)整備推進法施行によるカジノ解禁に向け、ギャンブル依存症への対応は重要課題。対策法案は衆院解散で廃案となったが、対応が急がれる。

     担当した国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県)の樋口院長は「行政だけでなく、よりよい治療ができるよう医療者も努力したい」としている。


    【【悲報】ギャンブル依存症は日本に320万人!】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: ばーど ★ 2017/09/29(金) 15:43:49.71 ID:CAP_USER9
     厚生労働省は29日、20~74歳の約320万人(3.6%)が、生涯でパチンコや競馬などのギャンブル依存症が疑われる状態になったことがあるとする2017年度調査結果を発表した。

     16年度調査と比べ0.9ポイント増加。前回は都市部に限った調査だったが、今回は地方も含み国内の実態をより正確に反映している。諸外国と比べ日本の割合は高く、対策が急務になっている。

     今年度の調査は、全国300地点の住民基本台帳から無作為に対象者を抽出。16年度調査の4.5倍となる1万人に対象を広げて面接を行い、4685人分の有効回答を得た。

     その結果、過去にギャンブル依存症となった疑いがある人は158人(3.6%)だった。男女でみると、男性は6.7%、女性は0.6%と男性に多い。最もお金を使ったのはパチンコ・パチスロが最多で、123人(2.9%)だった。

     直近1年で、ギャンブル依存症が疑われたのは32人(0.8%)で、16年度調査と比べ0.2ポイント増加した。過去1年以内にギャンブルに使った平均額は月約5万8千円だった。

     ギャンブル依存症が疑われる人の割合を諸外国と比較すると、生涯でみた場合は、オランダが1.9%(06年)、フランスが1.2%(11年)、スイスが1.1%(08年)であり、日本の割合の高さが目立つ。

     一方、直近1年の依存症が疑われる人の割合では、米国は1.9%(01年)と日本よりも高く、日本は英国の0.8%(00年)と同水準だった。

    引用元記事はコチラ
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H3R_Z20C17A9000000/

    【【悲報】日本人、ギャンブル大好き民族だったwwwwww】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ [US] 2017/09/29(金) 09:41:52.34 ID:8yO272v30 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
     警察庁が発表したギャンブル依存症対策となる出玉規制や遊技人口の減少など、さらなる衰退が囁かれるパチンコ業界。暗いニュースばかりが目立つが、
    決して明るい話題がないわけではない。

     それはパチンコ大手チェーン店「マルハン」と「ダイナム」がなんと最強タッグを結成。2016年度売上高ランキング(パチンコ・パチスロ産業関連データ参照)で「1位」がマルハン、ダイナムはそれに次ぐ「2位」と業界を牽引する主力ホールだ。
    そんな強豪店舗が、初めてとなる合同企画イベントを開催すると話題となっている。

     今回の合同企画では、労働環境の問題点を共有し、改善に向けた話し合いを行うことで、これまで以上に女性社員・スタッフが働きやすい職場環境を構築することを目的としたものだ。
    座談会では、女性の定着強化に向けた制度、教育プログラムなど、両社が実施してきたこれまでの取り組みをそれぞれ報告し合いながら情報共有を図った。

     営業的には、ライバルである両社。参加者は「両社の成長を業界の活性化に繋げていければ」「今後も合同企画を実施して、業界に新しい風を吹き込んでいきたい」と業界の未来を見据えた協力的な姿勢を見せた。

    引用元記事はコチラ
    http://biz-journal.jp/gj/2017/09/post_4446_entry.html

    【【朗報】パチンコ大手チェーン店が最強タッグを結成】の続きを読む

    高橋尚子はパチンコや競馬などのギャンブル依存症
    女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんはパチンコにとどまらず、競馬や競輪もやるという噂があるそうです(´・ω・`)

    ネット上では「若い頃に頑張ったんだから本人の好きにさせてやれ」や「パチンコや競馬のテレビ番組に出て欲しい」などと話題になっておりました。

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 20:58:28.29 ID:CAP_USER9
     9月14日に放送されたバラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子が出演した。
    (中略)

    「昨年8月、一部女性週刊誌にも書かれたのですが、高橋はパチンコ依存症だといいます。昼に仕事を終えて店に入ったりすると、閉店までいるそうです。10時間以上もパチンコをしてドル箱を並べていたという目撃談もあります。ロケ先でもパチンコ店を見つけては寸暇を惜しんで打つそうですから、完全に依存症でしょう」(テレビライター) 

    (中略) 

    さらに彼女はパチンコ以外に競馬と競輪もやるという。

    「パチンコが一番ですが、競馬もしょっちゅう馬券を購入しています。
    彼女はよくスポーツ紙を見ていますが、ギャンブル欄ばかり見ているのです。
    競馬と競輪はかなり負けているらしく、以前はギャンブルによる生活苦も伝えられていました。

    スポーツ関連のスペシャル番組に出演してギャラを得て、それをギャンブルで失う。これこそ“自転車操業”でしょう」(同・関係者)

    仕事がなくなったらどうなってしまうのだろうか。


    まいじつさんの
    引用元記事全文はコチラ
    http://dailynewsonline.jp/article/1358847/

    【高橋尚子さん、ギャンブル依存症疑惑でも好印象!】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/09/24(日) 22:35:48.74 ID:ors7Ua390 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
     日本のいたるところにあるパチンコ・パチスロ店。駅前の一等地に出店しているのをみると、さぞ羽振りがよさそうに見えるけれども、市場規模は20兆円を切り、遊技人口は減少している。

    当然のことながら店舗数も減少傾向にある。1990年に全国で1万6704あったパチンコ・パチスロ店は、2013年に1万1893まで減少。23年間で約29%もなくなった計算だ。


    一方で「地方に行ったらパチンコホールが多いのにビックリ」「深夜のテレビはパチンコのCMがひたすら流れる」という声もある。
     
    地方は大都市圏ほど娯楽施設が揃っておらず、ヒマつぶしに来店する人が多いという指摘がある。それでもネットやスマホゲームの登場で、20~30代のパチンコ離れは止まらないようだが。

    no title


    絶対数でいうと東京や大阪、愛知が上位に並ぶが、10万人当たりの店舗数に直すと全国のトップは鹿児島だ。東京の約1.8倍の15.4店もある。

    【日本で一番パチンコが盛んな県wwwwww】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/09/25(月) 00:14:44.91 ID:uigGv+gn0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
     平成も来年で30年を迎えるわけですが、その1つ前である「昭和」はもうかなり昔の話になってしまいますね。およそ30年の間に様々な技術や文化が進化していったワケですが、「常識」もその1つかと思います。

    そこで今回は「信じられない昭和の常識」をアンケート、ランキングにしてみました。今では信じられない「昭和の常識」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?


    1位電車内でタバコが吸えた 136票
    2位1ドルは360円 134票
    3位電車のトイレは線路上に垂れ流し 132票
    4位飛行機でタバコが吸えた 109票
    5位病院の待合室でタバコを吸っている人がいた 103票
    6位駅のホームなどには痰(たん)を吐くための痰壺があった 101票
    7位映画館でタバコが吸えた 100票
    8位部活中などに水を飲んではいけない 98票
    9位ゴールデンタイムのテレビ番組で女性の裸が放送されていた 95票
    10位消費税はなかった 88票

    11位バイクはヘルメットナシでもOKだった 84票
    12位子供でもお酒やタバコが買えた 83票
    13位職員室で先生がタバコを吸っていた 81票
    14位不在時に宅配便が届くと隣の家の人が預かってくれた 76票
    15位会社の中でタバコを吸いながら仕事をしていた 74票
    16位正月はどこの店も閉まっていた 73票
    17位車の運転はシートベルトなしでもOKだった 72票
    18位待ち合わせに失敗したら駅の伝言板にメッセージを残す 66票
    19位学校で先生にゲンコツやビンタされても問題にならなかった 63票
    20位学校給食に鯨肉が出ていた 62票

    (※20位以下は元記事でどうぞ)

    引用元記事はコチラ
    https://ranking.goo.ne.jp/column/4638/

    【昭和の常識ランキングが今では考えられないと話題に。】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    東日本大震災から6年経っても、国からの補助金を目当てに生活している一部の人達がいて、さすがに甘えん坊すぎると話題になっておりました(´・ω・`)

    1: nita ★ 2017/09/25(月) 08:01:17.58 ID:CAP_USER9
     東京電力福島第1原発事故に伴い宮城県内に避難している福島県出身者の交流会と相談会が23日、仙台市青葉区の市民会館であり、6人が参加した。

     参加者は交流会で「われわれは避難民だ。悪いことをしていないのに、福島からの避難を隠して生きている」「民間賃貸住宅への補助が打ち切られると、住む所に困る」などと近況を語り合った。

     宮城県司法書士会や住宅金融支援機構東北支店、福島県内のNPO法人など支援機関7団体が同席し、参加者への情報提供や個別相談に対応した。

     主催した福島県県外避難者相談センター宮城拠点(仙台市)は火、水、金曜日午前11時~午後6時、電話相談を受け付けている。 (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    引用元記事はコチラ
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170924_73047.html

    【原発避難民「国の金でパチンコ打たせろ!」】の続きを読む

    東京都家庭内禁煙
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/09/21(木) 08:40:38.04 ID:DJfyvalg0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
     条例案は、罰則はないが、18歳未満の子どもがいる自宅内や車内の禁煙を求める内容で、煙が染み込んだカーペットやソファから有害物質を吸い込むこともあるとして、受動喫煙防止措置が施されていない飲食店やカラオケボックスなどに子どもを立ち入らせないことも求めている。

    条例案作りに加わった弁護士でもある岡本光樹都議(都民ファースト)は「子どもの受動喫煙は重篤な健康侵害にあたるという観点で取り組んだ」と説明し、月刊「禁煙ジャーナル」の渡辺文学編集長は「立場の弱い子どもを受動喫煙から守るという趣旨は重要。

    罰則はなくても内容は厳しく、たばこをやめようとしている人の背中を押すことにもなるだろう」と評価する。

    ただ、自宅など私的空間での行動を行政が制限することに疑問の声もある。愛煙家の文化人でつくる「喫煙文化研究会」の山森貴司事務局長は、「子どもを守る趣旨は賛成だが、プライベートな場所での喫煙抑制は、喫煙者の人格権に踏み込んでいる」と指摘する。

    引用元記事はコチラ
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170920-OYT1T50079.html

    【都民ファーストの「家庭でも禁煙」は人権侵害か?】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: のっぺらー ★ \(^o^)/ 2017/09/23(土) 09:07:15.56 ID:CAP_USER9
    他人のキャッシュカードを使い現金計300万円を引き出したとして、鶴見署は22日、窃盗容疑で、横浜市鶴見区駒岡の介護福祉士、小野田理恵容疑者(45)を逮捕した。

    「遊ぶカネがほしかった」などと容疑を認めている。

    逮捕容疑は、3月12日から4月1日までの間、他人名義のキャッシュカードを使って、同区内のコンビニエンスストアに設置されたATM(現金自動預払機)から複数回にわたり、現金計300万円を引き出したとしている。

    同署によると、キャッシュカードは小野田容疑者が勤めている同区内の老人ホームに入所していた80代の男性名義のもので、男性は3月上旬に死亡。

    遺族が荷物の整理をしていた際、死亡後に男性の口座から現金が引き出されているのを発見したといい、同署は小野田容疑者が男性のカードを盗んだとみている。

    引用元記事はコチラ 
    http://www.sankei.com/region/news/170923/rgn1709230029-n1.html

    【介護福祉士「遊ぶお金がほしかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ