鈴木さん速報

スロットとパチンコの2chまとめブログです。パチンコ・スロットの実践報告、解析、新台の評価情報などをまとめて紹介しています。

    スロット・パチンコの2chまとめなら鈴木さん速報!

    カジノ

    日本のカジノ
    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/08/02(水) 20:16:17.19 ID:P7f4aSrQ0 BE:592048191-PLT(13345) ポイント特典
    大阪府の松井知事は、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備をめぐって、「大人に対して『何回までしか行ってはいけない』などと決める必要はない」と述べ、カジノへの入場回数を制限する必要はないという考えを示しました。
     
    カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備に向けて、政府の有識者会議は、マイナンバーカードを活用し入場回数を制限する措置を導入するなどとした制度設計の大枠をとりまとめ、安倍総理大臣に提出しました。

    これについて、IRの誘致を目指している大阪府の松井知事は記者会見で「大人に対して、法律で、『何回までしか行ってはいけない』などと決める必要はない」と述べ、カジノへの入場回数の制限は必要ないという考えを示しました。 

    また、マイナンバーカードは十分に普及していないとして、本人確認の手段とすることにも疑問を呈しました。

    一方で、松井知事は、大阪府ではマニュアルの作成などギャンブル依存症対策に取り組んでいるとした上で、今後もこうした対策に力を入れていく姿勢を強調しました。 

    【カジノの入場制限を法律で決めなくてよくね?大人なんだから。】の続きを読む

    キャプチャaaa
    日本人がカジノに入るにはマイナンバーの提示で入場回数を制限したり、現金では遊べないようにする方針で政府が考えているそうです(´・ω・`)

    1: ばーど ★ 2017/08/02(水) 08:52:16.44 ID:CAP_USER9
    政府は31日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度の大枠をまとめた。一つの区域にカジノ、ホテルなど中核施設を整備し、訪日外国人観光客の増加と滞在型観光の推進を目指す。 

    ギャンブル依存症対策として、カジノ施設ではフロア面積に上限を設けるほか、日本人利用客を対象に入場回数を制限し、クレジットカードの利用を認めず現金のみとすることなどを盛り込んだ。

    (中略)

    カジノについては、強い権限を持つ3条委員会として「カジノ管理委員会」を内閣府の外局に設置。免許付与、調査、違反者への行政処分などを担う。

    日本人利用客の入場回数は、マイナンバーカードの提示を義務付けて確認。上限を超えた場合は入場を認めない。20歳未満は入場を禁止。外国人旅行客以外の利用客からは、地域活性化などの公益に活用するため入場料を徴収する。

    カジノで使用するチップは、現金でのみ購入可能で、カジノ施設内への現金自動預払機(ATM)の設置は禁止する。外国人はクレジットカードを使用できる。

    引用元記事はコチラ 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017073100877&g=eco
    【日本のカジノ、制限が多くて失敗しそうだと話題】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: (庭)@\(^o^)/ [US] 2017/07/30(日) 07:23:26.49 ● BE:828293379-PLT(13345) ポイント特典
     激戦の横浜市長選(30日投票)で市民と野党の共同候補、伊藤ひろたか氏=無所属新=を市長にして、カジノ誘致中止、中学校給食を実現する新しい市政をつくろうと、「新市長とワクワクする横浜をつくる会」は28日夕、桜木町駅北口で宣伝しました。

    (中略)

    一方、現職の林文子候補(71)=自民党、公明党推薦=は、27日の街頭演説で中学校給食について「手作りのお弁当を持たせたいお母さんはいる。完全給食にするとできなくなる」などと、市民多数の願いに背を向けました。

    引用元記事はコチラ
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-29/2017072901_04_1.html 
    パチンコとスロットまとめ


    【横浜にカジノを作るか中学校で給食を始めるか、どちらを選ぶ?】の続きを読む

    パチンコとスロットまとめ
    1: 北村ゆきひろ ★\(^o^)/ 2017/07/28(金) 22:18:58.20 ID:CAP_USER9
     京都を訪れた観光客が、電車1本でカジノへ――。京阪電気鉄道(大阪市)の中野道夫社長が、京阪中之島線の新たな延伸構想を明らかにした。カジノを含む統合型リゾート(IR)の大阪市への誘致に成功した場合、施設まで延伸を計画している市営地下鉄中央線の九条駅に接続する、というものだ。

    大阪府と市は、立候補中の2025年万博会場に予定している沿岸部の人工島・夢洲(ゆめしま)への、IR施設誘致を目指している。

     京阪の新しい延伸構想では、中之島線の終点・中之島駅から延伸し、南西にある中央線九条駅に接続する。祇園四条駅(京都市)と夢洲が結ばれれば、訪日客らの利用が増えると見込む。中野氏は朝日新聞の取材に対し、「九条駅への乗り入れも含め、色々な可能性を検討している」と述べた。中之島線は08年の開業以来、利用者が伸び悩んでいた。

     中之島線の延伸については有識者でつくる近畿運輸局の審議会が04年、中之島からJR大阪環状線や阪神なんば線の西九条駅に接続する案をまとめた。京阪はこれまで、この案を軸に検討を進めているとみられていた。

    no title
     

    【京都から電車1本でカジノへGO!】の続きを読む

    日本カジノ誘致
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 00:27:01.79 ID:CAP_USER9
     日本のカジノ開設は大都市型の施設が選定地として優先されるのではとの見方が浮上していることについて、自民党の岩屋毅プロジェクトチーム(PT)座長は21日、地方型の施設にも可能性が開ける法整備になるよう働きかけていくと述べた。

    カジノ運営の解禁を巡っては、年末までに、統合型リゾート施設(IR)実施法案が国会に提出される必要があり、それに向けて推進会議が協議を重ねている。

    これまでの推進会議の資料などでは、ガイドラインに、国際競争力の向上が図られる機能を持つIRが求められると明記された。
    このため、地方創生や観光立国として地方の観光資源を活用するとした当初の政府方針が軽視されているなどの指摘が出ていた。

    IR実施に向けた制度対策に関する検討プロジェクトチーム(PT)を開催した岩屋PT座長は記者団に対し、「国際競争力という言葉は、規模だけを念頭に置いている概念ではないのではないか」と述べたうえで、「いま出てきているものの文言を見ると、大都会の大規模だけ(誘致可能)のような印象があるかもしれないが、そうではない地方型のIRにも可能性が開けている制度設計に、ぜひしていただきたい」と述べた。

    今後、IR実施法案の提出に向けて政府・与党などで協議が行われる際は「そういう方向を盛り込んでいただけるよう努力したい」と語った。

    引用元記事はコチラ
    【日本のカジノ誘致、地方にも可能性開く制度に】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    1: 黄金伝説 ★@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 07:33:08.00 ID:CAP_USER9
     パチンコ業界に激震が走っている。警察庁が出玉数の上限を現行の約3分の2に抑えようとしているのだ。

     いまは4時間前後で10万円分近く勝つこともあるが、規制後は5万円分を超えることはなくなりそう。パチスロも同じようになり、来年2月の実施をめざす。警察庁はギャンブル依存症対策の一環としているが、背景には「カジノ解禁法」の成立がある。

     警察庁は出玉の上限に関する風俗営業法施行規則などの改正案をまとめ、7月11日から公開した。パチンコの大当たりの上限を2400個から1500個に引き下げるものだ。

     大勝ちしないようにすれば、のめり込む人を減らせるという考え方だが、客からすればつまらなくなる。

     ギャンブルが大好きな漫画家の蛭子能収さんはこう嘆く。

    「もうけが大きくならないように規制すると、夢がなくなって魅力が薄れてしまう。パチンコって箱を玉でいっぱいにして積み上げていくのが、なにか英雄になったみたいでうれしいんですよ。パチンコ好きは、『それちょっと待ってよ』と思うんじゃないですかね」

    (中略)

     カジノが実際に解禁されれば、パチンコ業界への風当たりはさらに強まるとみられる。結局、負け組は、大勝ちの夢が消えても打ち続けるファンということだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00000020-sasahi-ent

    【パチンコ規制で蛭子さんが「夢がなくなる」と嘆く】の続きを読む

    パチンコとスロットの2chまとめ
    各国でIRを成功させているウィン・リゾーツが大阪市内で記者会見を開き、大阪の夢洲でカジノ誘致を目指していると発表したそうです(´・ω・`)

    1: コモドドラゴン ★\(^o^)/ 2017/07/15(土) 18:37:25.66 ID:CAP_USER9
     米ラスベガスなどで統合型リゾート施設(IR)を展開しているウィン・リゾーツのマーケティング担当幹部、マイケル・ウィーバー氏が14日、大阪市内で記者会見し、大阪府などが大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)に誘致を目指すIRについて、「日本で一番(計画立案作業に)時間を割いている」と進出に意欲を示した。

     ウィーバー氏は説明会で、「横浜市など(国内でIR誘致を目指す)他都市についても考慮に入れているが、大阪のプロジェクトが一番進んでいると聞いている」と関心を寄せた。

     さらに、夢洲でのIR「ウィン・オオサカ」の構想を披露。「地域ニーズに合わせて、IRのコンセプトやデザインを決める。質の高いサービスで国内外からの観光客増加に貢献できる」と訴えた。

     同社は米ボストンでも2019年に開業予定で、ウィーバー氏は「夢洲も都市に隣接するという点でボストンと同じ都市型IRであり、共通のチームが担当している」と明かした。

     政府は今秋にも、カジノを監督するルールを盛り込んだIR実施法案を国会に提出。実施法成立後に全国数カ所を立地場所に選定する見込み。

     ウィン・リゾーツのスティーブ・ウィン会長は、ラスベガスで1989年に最初のIRを開業、成功させるなど、IRの先駆的経営者として知られる。同社はラスベガスと中国・マカオでIRを運営。日本でIRに関する記者会見を開いたのは初めて。 
    【米カジノ会社「大阪夢洲に進出キボンヌ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング