スロットまとめ

1: ひぃぃ ★ 2022/03/21(月) 22:33:44.89 ID:wfp3DEdQ9
 どんな世界でも、ローカルルールとかマナーがあるものだ。普段から全く挨拶しない人が、山登りをするときだけ「マナーだから」とにこやかに挨拶する、というような。

山歩きの趣味の中にはこういうマナーが割と浸透していて、それをやらない人は「何アイツ」と思われがち。(中略)

 似たようなルールは、パチンコホールにも昔から色々あった。開店入場のとき走らないとか、台の取り合いで相手を殴らないとか、磁石を使ってズルしないとか、そういうのがいっぱいあった。しかしこの数年で、急速に定着しつつある新興ルールもある。それが、音量調節マナーだ。(文:松本ミゾレ)


 昔パチンコをしていたものの、ここ数年パチンコから遠ざかっているという方なら、パチンコホールのイメージについては「うるさい場所」という認識が強く残っていることだろう。実際今もまぁ~うるさい! うるさいったらない。ところがそのうるさい空間でも、最近では音量マナーみたいなものが普及している。

ここ数年来、パチンコにはユーザーが任意で音量を調節できる機能が搭載されることが多い。音が聞こえにくいと思ったら上げたり、逆にうるさいと感じたら下げることができる機能が、今頃になって普及したんだけど、同時にこれに関して「音下げはマナー」みたいな風潮が出てきている。

そして実に多くのユーザーがいつの間にか「周りに配慮しよう」と自分から音を極端に下げて打つような傾向も見せ始め・・・(記事の続きは引用元にて)

引用元
【最近のパチ屋は「音量を下げるのがマナー」!? 爆音で打つと【迷惑者】扱いに😱】の続きを読む